FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地震があったとき思っていたこと。とか。



3月11日に地震が起きました。


地震が起きたとき、わたしはお仕事中でした。


みんなが机にもぐりはじめたので、のんきにその様子を見ていました。


「上司の指示通り動く」の、オプションつきで。





仕事場が、ビルの上の階だったので、まず、このまま激しくなった場合には逃げることはできない。


そんなわけで、逃げる選択肢は、早々に消えました。


なので、たとえば、ビル倒壊して、落ちるときはジェットコースターみたいでこわそうだなぁ。とやんわり感じました。


揺れが、いつもとは違う感じになってきたあたりに、ほんの一瞬、本気で、あらまぁこわいわ。と、思いました。


それと、同時に、死ぬなら京香さんを抱きしめながらがいいのになぁ。と、思っていました。




あの揺れで、いちばんに心配したのも、いちばんに思い浮かんだのも、京香さんでした。


というより、京香さん以外に登場人物はいませんでした。





生きている限り、いつも、隣に「死」が一緒に居て。


それは、いつも、どこか非現実的なものだけど。


一瞬、隣が現実的になったら、恐怖を感じる自分がいたので。


まだ、人間で良かったと、思いました。




ちゃんちゃん。






まぁ、私がいた地域での揺れなんて、ほんとに一瞬、


「このままなら、もしかして、もしかすると、ビル倒壊?」


と、思う位の、たいしたことないものだったけど。たぶん。


でも、その日は、人生初の徒歩帰宅者?になりました。


(因みに、歩きながら聴いていた曲はAKB)


因みに、約2日間、腰から太ももあたりが筋肉痛になりました。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

優子ちゃんは、頭の中にいる人ですからね~(´∀`)

ふと、隣の「死」を意識したら、心のなかの人(京香さん)しかでてこないんでしょうね~♪♪

あら・・・。

なんか、登場人物が京香さんだけな小林ちん・・・・・拍手っ☆いいわぁ~♪

で?優子ちゃんは出てこなかったん?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。